東部おすすめスポット

山陰ジオパーク(鳥取砂丘、浦富海岸)

鳥取砂丘

・鳥取砂丘は雄大な起伏が続く日本最大の砂丘です。肢体が不自由な方も、サンドバギーで馬の背(砂の山)に登ることができます。(トラベルフレンズ・とっとりまで事前にご連絡ください)
・砂による作品展示会場があるほか、観光客向けに砂による作品制作体験ができ、視覚障害の方にも楽しんでいただけます。

砂丘の写真1です。目の見えない方が盲導犬と一緒に日本海が見える位置で座って休憩しています。 砂丘の写真2です。車いすの方が、日本海をバックに砂丘の上でガッツポーズをしています。 砂丘の写真3です。砂丘を移動するのに役立つサンドバギーで砂丘を自由に移動しています。

浦富海岸

・鳥取砂丘の東、岩美町の浦富(うらどめ)海岸は、青い海と美しい島々が続く風光明美な海岸です。日本海の荒波でできた洞窟や断崖は絶景でこれらを巡る観光船が就航しています。
・岩美町のふるさと体験では、「スルメづくり」「魚の干物づくり」「貝と海のアクセサリーづくり」「梨狩り、梨の木木工づくり」など、さまざまな体験メニューが用意されており、いずれのメニューも障がい者の方がたに喜ばれています。

浦富海岸の写真1です。美しい夕焼けをバックにした写真です。夕焼けと共に岩のシルエットがハッキリと現れるのが印象的です。 浦富海岸の写真2です。天気が良く、海がエメラルドグリーンになっています。 浦富海岸の写真3です。空から写した浦富海岸の全風景です。

あおや和紙工房と鹿野そば道場

・あおや和紙工房では、和紙制作や自分で制作した和紙を使った行灯づくり、ハガキづくりができます。また、そば打ち体験もすることができます。車椅子トイレなどのバリアフリー環境は十分に整えられており、障がいのある方の利用実績も多くあります。

あおや和紙工房で障がいのある人が、和紙を作っている写真です。和紙に絵具を使ってイラストを塗っています。 和紙制作の写真です。ねりと和紙をすすいで調整しています。 和紙制作の風景です。スタッフの方が和紙を作っている所を障がい者の方々が観察しています。

藩政時代を偲ばせる智頭宿

・鳥取と岡山の県境に近い智頭宿は、道標や旅籠、古社寺や千本格子の家、造り酒屋が建ち並ぶ昔ながらの宿場町です。豪商である石谷家住宅は、建物の中を見学することもできます。
・冬季は、智頭往来(因幡街道)に「雪燈篭」を各家の前につくり、夜になると美しく灯がともされます。

智頭宿の外観写真です。古い造りで、昔の日本の時代を思いだせます。 因幡街道の写真です。たくさんの灯火が置いてあり、美しく照らされています。 智頭宿を中から眺めた写真です。通路の真ん中に庭があり、落ち着いた風景を眺めながら移動することができます。

東部エリアの湯どころ

・因幡最古の温泉である岩井温泉、鳥取駅からすぐの繁華街に湧く鳥取温泉、ホタルの里として知られる吉岡温泉、山陰の民謡「貝がら節」で有名な浜村海岸の近くにある浜村温泉、鷲峰山の麓の静かな佇まいの鹿野温泉があります。

温泉の風景です。露天温泉で、外の空気、自然とともにくつろぐことができます。 岩井温泉の町並み風景の写真です。横断歩道の上に、岩井温泉と書かれた大きい看板があります。 足湯の写真です。小屋の端に、木で造られたベンチから座って足を湯につかる造りになっています。