利用案内

トラベルサポーターを活用ください

トラベルフレンズ・とっとりの会員は、鳥取県内全域(鳥取から米子まで)に広く在籍しており、会員の中には介護福祉士や、ホームヘルパー等の有資格者もおります。

旅の介助サポートのご依頼がありますと、依頼内容に即してサポーターを紹介させていただきます。

倉吉白壁土蔵群の町並み風景の写真です JRに車いすの方を駅員が乗車サポートをしている写真です。車いす専用スロープがあるのでスムーズに乗車することができます。 鳥取砂丘の写真で、一時的に手放した盲導犬が自由に駆け回っています。見渡す限り、一面の砂土地なので障害物もなく安心です。

サポートの費用

・サポーターの自宅から現地(お迎え地点)までの往復交通費、同行する交通費、入館料、駐車料金などが必要です。
・鳥取砂丘の馬の背に車椅子の方があがられる場合には4人以上のサポーターが必要となり、10,000円のご負担になります。

予約から当日までの流れ

1)予約
約1ヶ月前までにトラベルフレンズ・とっとりまでお電話等によりご連絡ください。

2)サポーターのコーディネート
旅のコースのアドバイスをさせていただきます。その一方、当日ご案内するサポーターをお客さまにご紹介します。お客様の障がいの状況や必要とされるサポートの内容について、事前に詳しくお聞きします。

3)当日の待ち合わせ
担当するサポーターより事前にご連絡し、当日の待ち合わせ場所、時刻を確認します。

4)旅行中
サポーターの支援によって、旅を満喫してください。何か問題がありましたら、トラベルフレンズ・とっとりまでご連絡ください。

5)費用の支払

鳥取砂丘の入口にある、サンドバギーをサポートスタッフのみんなで準備している写真です。車いすの方でも、サンドバギーに乗り換えることにより、砂丘を自由に移動することができます。 松江堀川遊覧船に、目の見えない方と盲導犬が仲良く一緒に座っている写真です。遊覧船には、盲導犬も同行することができますので、松江城の周りの風景をお楽しみいただけます。 鳥取砂丘を登ると、向こう側に日本海が見えます。見晴らしのいい位置で、サンドバギーに乗り換えた車いすの方が気持ちよさそうに海を眺めている写真です。

サポートをうけるにあたって

旅をする主体は、障がいの有無にかかわらず、旅をする本人です。
自己決定、自己判断、自己責任であることをご理解の上、必ず国内旅行傷害保険にご加入ください。
サポーターは、旅先でのあなたの万一の事故、怪我等に責任を持つことはできませんので、ご了解ください。

『旅のカルテ』システム

お客様の安心な旅をご提案するために、お客さまの障がいのタイプや程度、あるいはお客さまのご希望などを聞き取り、管理するために『旅のカルテシステム』を運用しています。登録は希望される方(団体ではなく、個人)の意思にもとづきますが、一度登録いただくとその後は、同様の聞き取りがなくたいへん便利です。また、旅のカルテはご相談を受けたセンターでのみ管理をしていますが、お客様のご要望により、バリアフリーツアーセンターを運営する全国の団体と情報を共有することも可能です。

詳しくはこちら
旅のカルテシステムのページへ(外部サイトへ飛びます)

旅のコミュニティ(SNS)

『旅のコミュニティ』は、バリアフリーの旅をテーマにしたSNS(ソーシャルネットワークサービス)です。
バリアフリー旅行を楽しまれる方同士の情報交換や、相談センターやサポート団体のメンバーとのコミュニケーションなどにご利用いただける他、全国での最新のバリアフリー観光情報も入ってきます。

詳しくはこちら
旅のコミュニティページへ(外部サイトへ飛びます)